batik and felt cyabon │ バティックとフェルト Cyabon (チャボン)

about tihis site

Cyabon (フジモトヤスヨ)は、京都を拠点に活動する、バティック(ジャワ更紗)とフェルトのアーティストです。 2005年からの作品・活動をご紹介します。

Cyabon (Yasuyo Fujimoto) is a Kyoto-based artist who creates original batik textiles using Javanese techniques and various feltwork. Here is an introduction to some of her activities and works she has created since 2005.

news

2016.12.07
Cyabonのウェブショップ、オープンしました!
作品はもちろん、ジャワ猫をモチーフにしたオリジナル雑貨もあります。新商品も続々とアップしていく予定ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!
詳細はこちら
2016.11.03
こころや130周年記念イベント「キモノーション kimono+motion」に、Cyabonも出展します。皆様のお越しをお待ちしております!

■2016年11月4日(金)-6日(日)
■11時-19時 (最終日17時まで)
■大阪長堀橋 IMAGIN&DESIGN
詳細はこちら
2016.08.28
8月31日~9月6日 阪急うめだ本店9階アートステージ『島々の染と織~インドネシアのイカットと日本の絣~』に出品します。9月3日(土)13時/15時と、バティックについてのギャラリートークもあります。
2016.07.08
7月27日~8月2日 阪急うめだ本店9階催場アジアフェア2016にて、バティックのデモンストレーションをします。(7月28日~8月2日の6日間)作品の展示もあります。
2016.07.08
TRANSIT 32号(6/17発売)バリ特集にインタビューが掲載されました。
2016.05.18
阪急うめだ本店 11階 プロモーションスペース112にて『島々の染と織展』に出品致します。24日まで。
2015.07.02
「ジャワ更紗の美とその技法:ウィ・スー・チュン工房のバティックアート」2015年8月7日発売 予約受付中 (バティックの制作プロセス解説アドバイザーとして参加、寄稿文を書かせていただいております。)
amazon
2014.08.25
9月1日より、ジャワ島ソロにあるスブラスマル国立大学・ジャワ文化研究所の研究調査員として、一年間国費留学。
2014.07.12
展覧会のお知らせ 7月25、26、27日大阪マルゼンボタンギャラリーにて4人展を開催いたします。3日間在廊予定です。皆様のお越しをお待ちしております。
2014.07.01
「GALLERY FUNATSURU」にて、Cyabonの風炉先と掛軸の2点が展示されております。会期は8月末まで、ご覧頂ける曜日は月・水・木・金のみ(火曜日は定休日のため閉館)ですので、くれぐれもお間違いの無いようにお越し下さい。 詳細はこちら
2014.01.22
井上雅博(表具師)、河原尚子(陶磁器作家)、堀場佳代子(刺繍デザイナー)、そしてバティックのフジモトヤスヨが、「次の時代に残るモノ 作りをしよう!」という声のもとに立ち上げた『四の五の展』2月21,22,23日弘道館にて開催されます。
制作の様子や、イベント詳細はこちら
2013.10.03
Cyabon 手描きバティックハンカチ限定10枚販売いたします。詳細はこちら
2013.07.07
フジモトヤスヨxオカモトヨシ Batik and Photo Exhibition vol.2 2013.8.1 - 8.6 東京・京都館 詳細はこちら
2013.04.27
装苑6月号「新生DESPERADO」特集ページにフェルトのキノコ掲載していただきました!
2013.04.20
マリア書房・創作市場50号ジャパンテキスタイル作家紹介のコーナーに掲載していただきました。
2013.03.31
4月3日~9日 GLAN FABRIQUE『うれしいモノゴト』展 @阪急うめだ本店10Fスークにて、バティックのクッション、スカーフ、フェルトのミトンを販売します。
2013.03.31
3月16日~ 渋谷DESPERADOにてフェルト・きのこシリーズ販売開始
2012.07.15
7月28日(土曜日)17時~オープニング・トークイベント。
2012.07.15
PORTFOLIOにフェルトを追加しました。

PORTFOLIO

バティック、Batik

Parang Barong

Parang Barong

2005

category:Batik

Batik Cirebon

Batik Cirebon

2005

category:Batik

Batik Suci

Batik Suci

2005

category:Batik

Batik Awang

Batik Awang

2006

category:Batik

Palang Tempil

Palang Tempil

2006

category:Batik

Tiga Burung

Tiga Burung

2006

category:Batik

Berhadap Burung

Berhadap Burung

2006

category:Batik

Di Dalam Takaran

Di Dalam Takaran

2006

category:Batik

Empat Pesegi

Empat Pesegi

2006

category:Batik

Garis-Garis

Garis-Garis

2006

category:Batik

Mega Mandung

Mega Mandung

2006

category:Batik

Batik Jamur

Batik Jamur

2009

category:Batik

Batik Babi Hutan

Batik Babi Hutan

2008

category:Batik

Pernikahan

Pernikahan

2007

category:Batik

Sitar dan Tabla

Sitar dan Tabla

2007

category:Batik

Masjid

Masjid

2007

category:Batik

Nabeshima

Nabeshima

2007

category:Batik

Gunung Fuji

Gunung Fuji

2009

category:Batik

Penerbangan

Penerbangan

2008

category:Batik

Mimpi India

Mimpi India

2008

category:Batik

Mimpi Tibet

Mimpi Tibet

2008

category:Batik

Lands End

Lands End

2009

category:Batik

如意樹

如意樹

2009

category:Batik

Sou

Sou

2010

category:Batik

結

2010

category:Batik

スカーフ、帯

スカーフ、帯

2010

category:Batik

着物

着物

2011

category:Batik

Determination

Determination

2011

category:Batik

帯きのこ・帯象

帯きのこ・帯象

2011

category:Batik

帯A,B,C

帯A,B,C

2012

category:Batik

着尺

着尺

2012

category:Batik

Unify

Unify

2012/2013

category:Batik

Chain

Chain

2013

category:Batik

フェルト、felt

Felt work for sione

Felt work for sione

2012~

category:felt

Felt work for DESPERADO

Felt work for DESPERADO

2007~2010

category:felt

Felt work for DESPERADO

Felt work for DESPERADO

2007~2010

category:felt

Felt work for DESPERADO

Felt work for DESPERADO

2007~2010

category:felt

Felt work for DESPERADO

Felt work for DESPERADO

2007~2010

category:felt

Felt work for DESPERADO

Felt work for DESPERADO

2007~2010

category:felt

Felt work for DESPERADO

Felt work for DESPERADO

2007~2010

category:felt

WHAT IS BATIK?

バティックとは?

バティックは、インドネシアのろうけつ染めの布です。
ジャワ更紗とも呼ばれています。現在はプリントのものも多く出回っていますし、柄物の布自体を総称してバティックとも言いますが、いわゆる本物のバティックとは、チャンチンという道具を使って、表・裏両面からすべて手描きでロウを引き、1m×2.5m一枚を仕上げるのに3ヶ月~6ヶ月もかかるような手仕事のものを指します。インドネシアのバティックは2009年の10月、ユネスコの無形文化遺産に選定されました。

バティックは15世紀ごろ、ジャワ中央部で発祥したと言われています。高度に洗練された王宮の文化とともにバティックは発展してきました。一方で、ジャワ島の北西海岸エリアでも、インド・中国・アラブそしてヨーロッパとの交易により、独自のバティックを発展させてきました。ジャワ島内の主な産地であるソロ、ジョグジャカルタ / チレボン、プカロンガンのバティックを比較するだけでも、その表現の違いに驚かされます。

現在では、バティックは衣服としてだけではなく、インドネシアの人々のアイデンティティとして、重要な産業として、なくてはならないものになっています。

What is Batik?

Batik is the traditional Indonesian craft of hand-dyeing cloth with a was-resist technique. In Japan it is synonymous with the patterned fabric called Javanese Sarasa. These days,there are numerous prints around; patterned cloths known collectively as "Batik". However,authentic batik is made using a canting tool whereby each detail of the design is drawn in wax by hand on both sides of the fabric. It takes a few months or sometimes up to half a year to complete a piece measuring 1m x 2.5m. In October 2009, Indonesian batik was designated by UNESCO as a Masterpiece of Oral and Intangible Heritage of Humanity.

Batik is an ancient technique practiced in many countries, but historically it has been most extensively produced throughout the islands of Indonesia, and most refined on the island of Java. It developed into its most refined form hand-in-hand with the highly sophisticated court culture of the mid-second mill ennium. Additionally, because of the seaports along the north-west coast of Java which traded with India, China, Arab and Europe, original batik was able to evolve even further. Influenced by these countries, the characteristics of batik improved. Comparison of the stylistic expressions of batik from the main production centers, such as Solo and Jogjakarta with Cirebon and Pekalongan, surprisingly shows how incredibly different they are. Nowadays batik is not only indispensable as clothing, but also as a symbol of the identity of the Indonesian people, and as an important industry.

Map of Java

PROFILE

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業。様々な仕事を経た後、京都・川島織物にあるテキスタイルスクールに入学。1年半に渡り染織の基礎を学ぶ。
在学中、初めて訪れたインドネシアでバティックに出会い、留学を決意。2005年~2006年に現地でバティックを学び、帰国後は日本で制作を続けている。
NPOてこらぼ 正会員。 日本-インドネシア服飾文化協会 副会長/理事

In 1995 I graduated from Tokyo's Musashino Art University in Graphic Design. After being employed by various companies for several years, I enrolled at the Textile School run by Kyoto's Kawashima Textile Company(now Kawashima-Selkon.)
It was 2004. While a student there, I decided to study abroad in Indonesia where I came into contact with batik for the first time.I fell in love withe it and decided that I would someday return to Indonesia to study batik exclusively. After 18 months at Kawashima learning textile techniques such as weaving, dyeing,spinning,and felt-making,I moved to Java to deepen my understanding of Indonesian wax resist dyeing. I studied the technique from 2005 to 2006 and since then I have continued to work as a batik artist in Japan.
Regular contributor for NPO Teccorabo.
Vice President, Japan-Indonesia Costume Culture Association.

インドネシア・ジャワ島へ留学

インドネシア・ジャワ島へ留学

インドネシア・ジャワ島へ留学

1995
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業
2004
川島テキスタイルスクール 本科・専攻科前期修了
2005
インドネシア・ジャワ島へ留学 バティックを学ぶ
2007
フェルト+バティックのブランド『Cyabon』を立ち上げる
2012
第98回 光風会展・工芸部門 入選
2014
京都造形芸術大学 非常勤講師
2015
平成26年度 文化庁・新進芸術家海外研修員
2016
京都造形芸術大学 非常勤講師

展示会 / Exhibition

2008
Halo Galo『Reverie展』
2009
正伝寺『UNPLUGGED』 voice of KYOTO
2009
Halo Galo『Lands End展』
2010
伊勢丹京都『てこらぼ展』
2010
妙心寺・春光院『京都南蛮事変』 voice of KYOTO
2011
ジャワ島・ジョグジャカルタ・YARSILK 『てこらぼ展』
2011
東京・国士舘大学『第一回アジア民族服飾文化展』
2011
ジャワ島・ソロ『日イ伝統服飾展示会』
2011
妙心寺・春光院『Salon de Masquerade』 voice of KYOTO
2012
国立本店『Pameran Dua Orang展』 国立本店
2012
La Galerie『フジモトヤスヨxオカモトヨシ二人展』 カフェ百花 cafe moka
2012
3F Project Room『フジモトヤスヨxオカモトヨシ二人展』 3F PROJECT ROOM
2013
デスペラード渋谷店 フェルト作品出品
2013
川島テキスタイルスクール 講演会
2013
東京八重洲 京都館『フジモトヤスヨxオカモトヨシ二人展』
2013
Botanicalワークショップ at awaiHIGASHIYA
2013
『表美展』井上正博xCyabon 掛軸出品
2014
京都・弘道館『四ノ五の展』
2014
京都文化博物館・アミティ丹後『島々の染と織展』ディレクション/作品出品
2014
Garelly FUNATSURU 作品出品
2014
マルゼンボタンギャラリー『air, api yang indah ~火と水 四つの美しい物語~』
2015
阪急うめだ本店『島々の染と織展』作品出品
2016
阪急うめだ本店『島々の染と織展』作品出品